ページ内を移動するためのリンクです

難治性うつ病 病気事典[家庭の医学] - メディカルiタウン


ここから本文です

病気事典[家庭の医学]

なんちせいうつびょう

難治性うつ病

難治性うつ病について解説します。

執筆者:

難治性うつ病の解説(コラム)

 うつ病全体の20%程度が難治性といわれています。難治性うつ病の判断は統一されていませんが、2種類の抗うつ薬を4〜6週間使用しても改善しない場合には難治性うつ病ととらえて、診断を再検討し、今後の治療方針を立てる必要があります。一般的な体の病気によるうつ病や、元気になりすぎる躁状態を示すこともある躁(そう)うつ病のうつ状態などが含まれ、うつ病ではない可能性も検討する必要があるからです。

 難治性うつ病の原因はよくわかっていませんが、アルコール依存症や軽いうつ状態が数年にわたり続く気分変調症をこれまでに経験していたり、パーソナリティ障害を合併していると、うつ病が治りにくくなることが知られています。

 難治性うつ病の治療は、他の抗うつ薬への切り替え、抗うつ薬の増強療法、電気けいれん療法などの治療が推奨されています。抗うつ薬の増強療法としては、抗うつ薬同士の併用、リチウムや甲状腺ホルモン、ドーパミン作動薬などを追加するという選択肢があります。

こころの病気で処方される主な薬剤を探す

医師に相談しましょう

気になる症状があるときは、早めの受診をおすすめします。自宅の近くや通勤途中の駅など、通いやすい場所から専門の医療機関を探してみましょう。

iタウンページで心療内科を探す

×
検索履歴(場所):

情報提供元 : (C)株式会社 法研執筆者一覧
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

医学セミナーのご案内

NTT東日本関東病院 人間ドックキャンペーン

セルフメディケーション税制とは

つながるタウンページ会員


ここからフッター情報です

iタウンページ&タウンページコンテンツ
iタウンページコンテンツ

ページはここまでです

ページの先頭へ戻ります