ページ内を移動するためのリンクです

ICU(Intensive Care Unit)症候群 病気事典[家庭の医学] - メディカルiタウン


ここから本文です

病気事典[家庭の医学]

あいしーゆーしょうこうぐん

ICU(Intensive Care Unit)症候群

ICU(Intensive Care Unit)症候群について解説します。

執筆者:

ICU(Intensive Care Unit)症候群の解説(コラム)

 大きな手術の後や救急入院などで、集中治療室(ICU)に入室した患者さんに、錯乱(さくらん)・幻覚(げんかく)・見当識(けんとうしき)障害・不穏・興奮などの精神症状が起こるものをICU症候群といいます。

 要因として、もともとの病気や手術、麻酔や治療薬などによる影響(身体的要因)のほか、昼夜の区別がつきにくい部屋で長時間過ごすことによる睡眠リズムの乱れ(環境要因)、チューブ類や医療機器につながれて身動きがとれないための拘禁(こうきん)ストレス(心理的要因)、といったさまざまなものが関連し、これらが複合的に絡み合って生じるとされています。

 ICU症候群の用語は、こうした状況や起こっている現象に対して用いられ、医学的な原因はさまざまです。実際には、せん妄(もう)が関与していることが多く、ほかに不安や抑うつ、脳機能損傷による認知機能障害(にんちきのうしょうがい)、精神病性障害(せいしんびょうせいしょうがい)などが影響します。治療は要因に応じて、もとの病気への対応、睡眠の確保、環境調整、薬物の調整などが行われます。

こころの病気で処方される主な薬剤を探す

医師に相談しましょう

気になる症状があるときは、早めの受診をおすすめします。自宅の近くや通勤途中の駅など、通いやすい場所から専門の医療機関を探してみましょう。

iタウンページで心療内科を探す

×
検索履歴(場所):

情報提供元 : (C)株式会社 法研執筆者一覧
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

医学セミナーのご案内

NTT東日本関東病院 人間ドックキャンペーン

セルフメディケーション税制とは

つながるタウンページ会員


ここからフッター情報です

iタウンページ&タウンページコンテンツ
iタウンページコンテンツ

ページはここまでです

ページの先頭へ戻ります