ページ内を移動するためのリンクです

精神科救急 病気事典[家庭の医学] - メディカルiタウン


ここから本文です

病気事典[家庭の医学]

せいしんかきゅうきゅう

精神科救急

精神科救急について解説します。

執筆者:

精神科救急の解説(コラム)

 精神科救急とは、文字どおり精神科領域における救急医療のことです。救急とは大まかにいえば、人間の危機的な状況に対して即時に対応する医療のことですが、世界保健機関(WHO)の健康の定義にある身体・精神・社会の三側面を考えれば、身体的な危機のみならず精神的・社会的な危機に対しても、すぐに医学的な対処ができる社会の仕組みがあることは、私たちの暮らしにとってひとつの安心感につながります。

 日本の精神科救急は昭和53年に東京都で始まり、その後大都市を中心に整備が進みました。平成7年には厚生労働省の整備事業によって全国展開の方向性が示され、同9年には専門の学会も設立されました。その後、急患が発生した場合に最初の相談窓口となる精神科救急情報センター、受け入れのための専門医療機関、当番病院の体制、診療報酬の改訂などの整備が行われ、次第に全国各地で実践されるようになっています。

 しかしながら精神科救急では専門的な対応が必要なため、その整備は一般の身体救急とは別に行われてきました。精神科救急を担当する医療機関は、一般の救急病院よりも精神科を専門とする単科病院のことが多く、現状は地域によって大きく異なります。

 精神科救急の必要性は大きく2つあります。ひとつは時代の変化に伴う「危機介入」の役割です。ストレス社会といわれる現代、精神的・心理的に危機に陥る可能性は高く、時には緊急に医療的な対応を必要とする事態も生じます。

 もうひとつの必要性は、精神科医療のあり方の変化に伴う「脱施設化」という現象によるものです。かつて精神医療は長期入院が多く行われましたが、治療法の進化やさまざまな啓蒙活動、在宅支援サービスの発展などによって、患者さんは地域社会で暮らし、社会参加が推進され、地域でのケアが中心となってきました。このような地域で暮らす人々に、時間外の急な受診の必要が生じた際に、一時的に入院や時間外受診などによって対応する医療資源が必要になったのです。

こころの病気で処方される主な薬剤を探す

医師に相談しましょう

気になる症状があるときは、早めの受診をおすすめします。自宅の近くや通勤途中の駅など、通いやすい場所から専門の医療機関を探してみましょう。

iタウンページで心療内科を探す

×
検索履歴(場所):

情報提供元 : (C)株式会社 法研執筆者一覧
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

医学セミナーのご案内

NTT東日本関東病院 人間ドックキャンペーン

セルフメディケーション税制とは

つながるタウンページ会員


ここからフッター情報です

iタウンページ&タウンページコンテンツ
iタウンページコンテンツ

ページはここまでです

ページの先頭へ戻ります