ページ内を移動するためのリンクです

播種性血管内凝固症候群(DIC) 病気事典[家庭の医学] - メディカルiタウン


ここから本文です

病気事典[家庭の医学]

はしゅせいけっかんないぎょうこしょうこうぐん(でぃーあいしー)

播種性血管内凝固症候群(DIC)

播種性血管内凝固症候群(DIC)について解説します。

執筆者:

播種性血管内凝固症候群(DIC)の解説(コラム)

 播種性血管内凝固症候群(DIC)とは、さまざまな理由によって血管内で血液凝固系が活性化され、全身的に血管内で血液が凝固し、細小血管に多数の微小血栓(けっせん)を生じる病態のことです。

 このため、腎臓をはじめとする主要な臓器は循環障害に陥り、またさまざまな血液凝固因子が消費されて、強い出血傾向が現れます。

 妊娠時にはほとんどの血液凝固因子が増え、血液は凝固亢進状態を示すようになりますが、産科DICの特徴は、大出血に併発または続発することが多く、胎盤や羊水などの外因系組織トロンボプラスチン(血液凝固因子のひとつ)が血管内に流入して発生することがあるために、急速な経過をとることが多い点です。そのために、診断と治療は迅速に行われる必要があります。

 産科DICの治療の原則は、DICの原因となった基礎疾患のすみやかな除去です。たとえば常位胎盤早期剥離(じょういたいばんそうきはくり)や子宮内胎児死亡では、子宮内容物の早期の除去が必要です。

 ただし、DICは手術操作によって悪化し、致死的な大出血を来すことがあるので、術前に必要に応じて補充療法や抗凝固線溶療法を行って、止血機能の改善を図っておくことが重要です。

 産科DICの多くは消費性凝固障害の状態にあるので、輸血による凝固因子や赤血球、血小板の補充が必要です。また、凝固・線溶系、キニン系など全身の酵素活性が亢進しているため、抗トロンビン作用や抗プラスミン作用、抗キニン作用などをもつ蛋白(たんぱく)分解酵素阻害薬などが用いられます。

かかりつけ医をもとう!

通いやすい場所と診療科目から自分に合った医療機関を探してみましょう。

iタウンページで婦人科などを探す

×
検索履歴(場所):

情報提供元 : (C)株式会社 法研執筆者一覧
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

NTT東日本関東病院 人間ドックキャンペーン

セルフメディケーション税制とは

つながるタウンページ会員


ここからフッター情報です

iタウンページ&タウンページコンテンツ
iタウンページコンテンツ

ページはここまでです

ページの先頭へ戻ります