ページ内を移動するためのリンクです

多胎妊娠の頻度 病気事典[家庭の医学] - メディカルiタウン


ここから本文です

病気事典[家庭の医学]

たたいにんしんのひんど

多胎妊娠の頻度

多胎妊娠の頻度について解説します。

執筆者:

多胎妊娠の頻度の解説(コラム)

 多胎妊娠の頻度についてはヘリンの法則が知られており、「80のnマイナス1乗」回の分娩(n=胎児数)に1件の頻度であるとされています。日本ではそれより頻度は低く、過去の統計では双胎(そうたい)妊娠(ふたご)は150分娩に1件でした。

 しかし、最近では排卵誘発薬の使用により、頻度は増加しています。双胎妊娠は1998年では100分娩に1例となり、品胎(ひんたい)(みつご)は3600分娩に1例で50年前の5倍となっています。

かかりつけ医をもとう!

通いやすい場所と診療科目から自分に合った医療機関を探してみましょう。

iタウンページで婦人科などを探す

×
検索履歴(場所):

情報提供元 : (C)株式会社 法研執筆者一覧
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

NTT東日本関東病院 人間ドックキャンペーン

セルフメディケーション税制とは

つながるタウンページ会員


ここからフッター情報です

iタウンページ&タウンページコンテンツ
iタウンページコンテンツ

ページはここまでです

ページの先頭へ戻ります