ページ内を移動するためのリンクです

老人性(萎縮性)外陰炎 病気事典[家庭の医学] - メディカルiタウン


ここから本文です

病気事典[家庭の医学]

ろうじんせい(いしゅくせい)がいいんえん

老人性(萎縮性)外陰炎

老人性(萎縮性)外陰炎について解説します。

執筆者:

どんな病気か

閉経後の人や高齢者において、女性ホルモン(卵巣ホルモン)が低下することにより、腟の自浄作用の低下、腟の粘膜や外陰部の皮膚の萎縮がみられるようになります。一般的には腟炎が病変の主体(老人性腟炎)であり、外陰部に単独で炎症がみられることはほとんどありません。

原因は何か

閉経後、エストロゲンという卵巣ホルモンの分泌が低下することにより、腟の粘膜は萎縮し、菲薄化(ひはくか)していきます。腟内の粘液が減ることにより、乾燥感が生じ、これがかゆみを誘発します。また、腟内の自浄作用に重要な常在菌(腟乳酸桿菌(かんきん):デーデルライン桿菌)が減ることにより、他の細菌感染が起こりやすくなることも、腟炎外陰炎の原因になります。

症状の現れ方

外陰部の掻痒感(そうようかん)(かゆみ)、性交痛などが外陰炎の症状です。そのほか、腟炎による黄色あるいは褐色・出血性の帯下(たいげ)がみられます。

検査と診断

内診により、外陰・腟粘膜の状態を観察します。症状や腟粘膜の出血斑などが参考になります。腟分泌物の細菌培養検査により、感染を伴った外陰・腟炎を区別することが可能です。また、腟の出血がある時などは、子宮がん検査(細胞診)も有用です。

治療の方法

エストロゲン製剤の内服(エストリール錠、プレマリン錠)、もしくは腟坐薬(ホーリン腟錠、エストリール腟錠)が有効です。5~7日間で多くは改善がみられます。外陰部の炎症に対しては、抗ヒスタミン薬や副腎皮質ステロイド薬の軟膏も用いられます。症状がない時には、薬剤を使用しないこともあります。

老人性(萎縮性)外陰炎の初診に適した診療科目

病院検索の都道府県選択へ遷移します。

かかりつけ医をもとう!

通いやすい場所と診療科目から自分に合った医療機関を探してみましょう。

iタウンページで婦人科などを探す

×
検索履歴(場所):

情報提供元 : (C)株式会社 法研執筆者一覧
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

セルフメディケーション税制とは

つながるタウンページ会員


ここからフッター情報です

iタウンページ&タウンページコンテンツ
iタウンページコンテンツ

ページはここまでです

ページの先頭へ戻ります