ページ内を移動するためのリンクです

乳がんと初潮年齢、乳がんと体重 病気事典[家庭の医学] - メディカルiタウン


ここから本文です

病気事典[家庭の医学]

にゅうがんとしょちょうねんれい、にゅうがんとたいじゅう

乳がんと初潮年齢、乳がんと体重

乳がんと初潮年齢、乳がんと体重について解説します。

執筆者:

乳がんと初潮年齢、乳がんと体重の解説(コラム)

 乳がんは、初潮年齢が早くて閉経年齢が遅いほど発症しやすいといわれています。これは、長期間乳腺が卵巣ホルモンの影響下にさらされることにより発がんの機会が増すためと推定されています。この仮説は、最近の日本の乳がんの増加の事実をよく反映していると思われます。

 また、乳がんは肥満した人に多いといわれますが、これは動物性脂肪の摂取により高コレステロール血症をまねき、エストロゲンの合成が増えるという代謝経路に基づく仮説です。肥満者は乳房の診察がしにくい傾向にありますが、臨床の場では乳がんの患者さんがとくに肥満しているとは思えません。

かかりつけ医をもとう!

通いやすい場所と診療科目から自分に合った医療機関を探してみましょう。

iタウンページで婦人科などを探す

×
検索履歴(場所):

情報提供元 : (C)株式会社 法研執筆者一覧
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

セルフメディケーション税制とは

つながるタウンページ会員


ここからフッター情報です

iタウンページ&タウンページコンテンツ
iタウンページコンテンツ

ページはここまでです

ページの先頭へ戻ります