ページ内を移動するためのリンクです

播種性血管内凝固症候群(DIC)<お年寄りの病気> 病気事典[家庭の医学] - メディカルiタウン


ここから本文です

病気事典[家庭の医学]

はしゅせいけっかんないぎょうこしょうこうぐん(でぃーあいしー)

播種性血管内凝固症候群(DIC)<お年寄りの病気>

播種性血管内凝固症候群(DIC)<お年寄りの病気>について解説します。

執筆者:

播種性血管内凝固症候群(DIC)<お年寄りの病気>の解説(コラム)

 基礎疾患によるさまざまな病態、外傷、手術、抗腫瘍薬(こうしゅようやく)投与などに併発する症候群です。全身の細小血管内に血栓が形成され、その結果、凝固因子や血小板の消費性減少と、線溶反応の活性化が起こり、各種臓器の虚血性機能不全とともに、出血傾向が現れます。原疾患の治療とともに抗凝固薬、抗線溶薬(こうせんようやく)、血栓溶解薬などが投与されます。

 予後は原疾患により異なりますが、早期からの積極的な治療により救命できることもあります。

かかりつけ医をもとう!

通いやすい場所と診療科目から自分に合った医療機関を探してみましょう。

iタウンページで病院を探す

×
検索履歴(場所):

情報提供元 : (C)株式会社 法研執筆者一覧
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

医学セミナーのご案内

NTT東日本関東病院 人間ドックキャンペーン

セルフメディケーション税制とは

つながるタウンページ会員


ここからフッター情報です

iタウンページ&タウンページコンテンツ
iタウンページコンテンツ

ページはここまでです

ページの先頭へ戻ります