ページ内を移動するためのリンクです

体が冷える 病気事典[家庭の医学] - メディカルiタウン


ここから本文です

病気事典[家庭の医学]

からだがひえる

体が冷える

体が冷えるについて解説します。

執筆者:

疑われる病気と対処のしかた

人間の体で熱をつくるのは筋肉です。そのため、運動をしない人、肥満体の人は「体の冷え」を訴えます。

病気で「体の冷え」を来すのは、貧血心不全甲状腺機能低下症(こうじょうせんきのうていかしょう)です。

貧血と心不全では、体のすみずみに血液を送ることができなくなり、血管(動脈)を収縮させるので体が冷えます。片足だけが冷たくなる閉塞性動脈硬化症(へいそくせいどうみゃくこうかしょう)は、動脈硬化によって足に行く動脈が狭くなり、結果として足が冷たくなる病気です。

甲状腺ホルモンは体を燃焼させるホルモンで、これが病気で少なくなると活気がなくなり、体が冷えます。うつでも同様の症状となるので、一度病院を受診して診察を受けてください。

糖尿病の人は、長期間の高血糖によって手足の先の神経が障害され、足の裏がしびれたり、冷えたりします。薬で改善することもあるので、病院に相談してください。更年期の女性では、「冷え性」がよく認められます。

冬に「冷えるから」とカイロを携帯して病院を受診する患者さんがよくいますが、たとえ下着の上からでも、長時間同じ場所にカイロを貼っていると低温やけどになるので、注意してください。

かかりつけ医をもとう!

通いやすい場所と診療科目から自分に合った医療機関を探してみましょう。

iタウンページで病院を探す

×
検索履歴(場所):

情報提供元 : (C)株式会社 法研執筆者一覧
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

NTT東日本関東病院 人間ドックキャンペーン

セルフメディケーション税制とは

つながるタウンページ会員


ここからフッター情報です

iタウンページ&タウンページコンテンツ
iタウンページコンテンツ

ページはここまでです

ページの先頭へ戻ります