ページ内を移動するためのリンクです

頸部や腋の下にグリグリが触れる 病気事典[家庭の医学] - メディカルiタウン


ここから本文です

病気事典[家庭の医学]

けいぶやわきのしたにぐりぐりがふれる

頸部や腋の下にグリグリが触れる

頸部や腋の下にグリグリが触れるについて解説します。

執筆者:

どのような状態か・対処のしかた

頸部のグリグリは、唾液腺(だえきせん)、リンパ節、甲状腺(こうじょうせん)、動脈のいずれかです。腋の下のグリグリはリンパ節です。

頸部や腋の下にグリグリが触れた場合は、まず朝・夕の体温を測ります。体温が上昇している時には病院を受診してください。病院ではグリグリが何であるかを検討するとともに、血液検査で白血球などを測定して炎症の有無を確認します。そして、熱の原因とグリグリとの関連について調べます。

体温が平熱だった時には、1~2週間様子をみてください。大きさが小さくなっていれば、まず心配はいりません。頭にかぶれがあったり歯ぐきがはれたりすると、頸部のリンパ節が大きくなりますが、原因となるかぶれなどがよくなればリンパ節も小さくなります。そのまま様子をみてください。

もし大きさが変わらないか、大きくなってくる時には病院を受診してください。グリグリの正体がリンパ節なのかどうか調べます。場合によってはグリグリの一部をつまんで細胞を調べてから、治療を始めます。

かかりつけ医をもとう!

通いやすい場所と診療科目から自分に合った医療機関を探してみましょう。

iタウンページで病院を探す

×
検索履歴(場所):

情報提供元 : (C)株式会社 法研執筆者一覧
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

つながるタウンページ会員


ここからフッター情報です

iタウンページ&タウンページコンテンツ
iタウンページコンテンツ

ページはここまでです

ページの先頭へ戻ります