ページ内を移動するためのリンクです

伝染性紅斑(リンゴ病)<子どもの病気> 病気事典[家庭の医学] - メディカルiタウン


ここから本文です

病気事典[家庭の医学]

でんせんせいこうはん(りんごびょう)

伝染性紅斑(リンゴ病)<子どもの病気>

伝染性紅斑(リンゴ病)<子どもの病気>について解説します。

執筆者:

どんな病気か

両方の頬に紅斑(リンゴのようにみえる)ができることを特徴とする学童期の急性ウイルス性疾患です。

原因は何か

ヒトパルボウイルスB19という小さなウイルスが原因です。学童期(6~12歳)にかかることが多く、冬から春にかけて、施設、学校で流行性に発生します。経気道感染といわれ、発疹が現れた時には伝染力はないといわれています。

症状の現れ方

16~17日の潜伏期のあと、頬部に紅い斑状丘疹(はんじょうきゅうしん)が現れます。発疹は融合し、両頬は平手打ち様、リンゴ様のびまん性(広がりのある)紅斑になり、ちょうど蝶が羽を広げたように見えます(図49)。1~2日後から上肢、大腿の順に紅斑が現れ、発疹の中央が退色して大理石紋様、レースのような編み目状あるいは地図状皮疹になります。発疹はかゆみを伴い、日光、温熱により再び現れることがあります。2~3週の経過で治ります。

慢性溶血性(ようけつせい)貧血の患児では、本症により骨髄無形成発作(こつずいむけいせいほっさ)を起こすことがあります。妊婦がかかった場合では、胎児が感染し、胎児水腫(たいじすいしゅ)を起こして妊娠の継続が困難になることがあります。

検査と診断

末梢血白血球数が減少傾向になり、網状赤血球も減少し、消失します。診断は通常、流行状況、学童の感染が多いこと、顔面の蝶形紅斑などが認められれば困難ではなく、検査をすることはありません。多形滲出性紅斑(たけいしんしゅつせいこうはん)、じんま疹薬疹など、斑状丘疹性疾患との区別を要することがあります。

治療の方法

この原因ウイルスの特効薬はありません。必要に応じて対症療法を行いますが、予後は良好です。

病気に気づいたらどうする

発疹が現れた時にはウイルス排出はなく、伝染力はありませんが、発疹が消えてから登校したほうがよいでしょう。予防法はありません。

伝染性紅斑(リンゴ病)<子どもの病気>の初診に適した診療科目

病院検索の都道府県選択へ遷移します。

かかりつけ医をもとう!

通いやすい場所と診療科目から自分に合った医療機関を探してみましょう。

iタウンページで小児科などを探す

×
検索履歴(場所):

情報提供元 : (C)株式会社 法研執筆者一覧
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

医学セミナーのご案内

NTT東日本関東病院 人間ドックキャンペーン

セルフメディケーション税制とは

つながるタウンページ会員


ここからフッター情報です

iタウンページ&タウンページコンテンツ
iタウンページコンテンツ

ページはここまでです

ページの先頭へ戻ります