ページ内を移動するためのリンクです

ネフロン 病気事典[家庭の医学] - メディカルiタウン


ここから本文です

病気事典[家庭の医学]

ねふろん

ネフロン

ネフロンについて解説します。

執筆者:

ネフロンの解説(コラム)

 ひとつの腎臓は、約100万個ずつの「小さな腎臓」からできています。この、腎臓を構成する単位である「小さな腎臓」を、ネフロンと呼んでいます。ネフロンは、糸球体(しきゅうたい)とそれに続く長い尿細管でなりたっています。

 血液はまず毛細血管の塊である糸球体に流れ込み、濾過(ろか)されます。血液中の老廃物は、糸球体で漉(こ)し出され、原尿(尿のもと)がつくられます。この原尿は、尿細管を通る間にそのなかから必要な量の水分や塩分、栄養素などが再吸収され、原尿の残りの1%が尿として排泄されます。

かかりつけ医をもとう!

通いやすい場所と診療科目から自分に合った医療機関を探してみましょう。

iタウンページで小児科などを探す

×
検索履歴(場所):

情報提供元 : (C)株式会社 法研執筆者一覧
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

NTT東日本関東病院 人間ドックキャンペーン

セルフメディケーション税制とは

つながるタウンページ会員


ここからフッター情報です

iタウンページ&タウンページコンテンツ
iタウンページコンテンツ

ページはここまでです

ページの先頭へ戻ります