ページ内を移動するためのリンクです

ウイルス性肝炎 病気事典[家庭の医学] - メディカルiタウン


ここから本文です

病気事典[家庭の医学]

ういるすせいかんえん

ウイルス性肝炎

ウイルス性肝炎について解説します。

執筆者:

どんな病気か

肝臓に各種の肝炎ウイルスが感染し、肝機能障害を起こす病気です。

原因は何か

A型、B型、C型などの肝炎ウイルス、EBウイルス、サイトメガロウイルス、ヘルペスウイルスなどの感染が原因です。

感染経路はさまざまです。A型肝炎ウイルスによる肝炎は、海産物(生牡蠣(かき)など)を食べたあとに多く発症します。

B型肝炎ウイルスは母子感染、とくに出産時の母体血との接触(産道感染(さんどうかんせん))が原因になります。新生児・乳幼児の一部はキャリア化し、のちに肝病変へ進行することがあります。

C型肝炎ウイルスは、以前は輸血による感染が多くを占めましたが、最近は、母子感染によるものの割合が多くなっています。

EBウイルスは、唾液(だえき)を介して感染します。サイトメガロウイルスは、妊婦の初感染に伴う先天性感染と、分娩時の産道感染や輸血後感染などがあります。

症状の現れ方

発熱、黄疸(おうだん)、易(い)疲労感(疲れやすい)、食欲不振などの症状が続く場合もありますが、一般的に小児では無症状が多くなります。

急性B型肝炎は、皮疹(ひしん)(発疹(ほっしん))を伴う場合もあります(ジアノッティ病)。EBウイルス感染(伝染性単核球症(でんせんせいたんかくきゅうしょう))でも、皮疹(発疹)が現れたり首や頭部などのリンパ節がはれることがあります。先天性サイトメガロウイルス感染症では、小頭症(しょうとうしょう)や脳室(のうしつ)周囲の石灰化、網膜炎(もうまくえん)などが起こることがあります。

出生後の感染では、血液検査で軽度の肝機能障害を認めますが、無症状のことがほとんどです。

検査と診断

発熱、易疲労感、食欲不振などの症状が続き、黄疸や肝腫大がみられる場合は、血液検査が必要です。ウイルス性肝炎では、ALT(GOT)やAST(GPT)などの肝細胞由来の酵素が上昇します。

家族歴、海外渡航歴や輸血の有無などを確認し、疑わしいウイルスの免疫グロブリンM(IgM)クラスの抗体価を確認します。これらのウイルスのDNAやRNAを確認したり、その量を測定し、病勢を評価する場合もあります。

治療の方法

ウイルス性肝炎は、小児では無症状で経過することが多く、自然に治っていることもしばしばあります。肝細胞由来酵素が増加している場合は、グリチロンなどの肝細胞庇護薬(ひごやく)などが処方されます。症状が強い場合は、肝臓の炎症を抑える目的でステロイド薬を用いることもあります。

B型やC型肝炎では、インターフェロンによる治療も行われます。成人に比べて、発熱などの副作用の出現率は低いと考えられています。

病気に気づいたらどうする

発熱、易疲労感、食欲不振などの症状が続く場合は、小児科医に相談してください。必要に応じて血液検査を行います。また、肝機能障害が確認された場合は、劇症肝炎(げきしょうかんえん)など急激に症状が進行する場合もあるので、定期的に受診することが必要です。

ウイルス性肝炎の初診に適した診療科目

病院検索の都道府県選択へ遷移します。

かかりつけ医をもとう!

通いやすい場所と診療科目から自分に合った医療機関を探してみましょう。

iタウンページで小児科などを探す

×
検索履歴(場所):

情報提供元 : (C)株式会社 法研執筆者一覧
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

セルフメディケーション税制とは

つながるタウンページ会員


ここからフッター情報です

iタウンページ&タウンページコンテンツ
iタウンページコンテンツ

ページはここまでです

ページの先頭へ戻ります

×