ページ内を移動するためのリンクです

Rh不適合 病気事典[家庭の医学] - メディカルiタウン


ここから本文です

病気事典[家庭の医学]

あーるえいちふてきごう

Rh不適合

Rh不適合について解説します。

執筆者:

Rh不適合の解説(コラム)

 血液型には、A、B、O、AB型という分類以外に、Rh型という分類があります(Rhはアカゲザルを意味するRhesus monkeyに由来しています)。とても大まかですが、Rh陽性、陰性というように分類しており、日本人はRh陽性が99・5%、陰性が0・5%くらいといわれています。

 Rh陰性の女性がRh陽性の子どもを妊娠、出産すると(第1子)、分娩の際に子どもの赤血球が母親の血中に流入し、Rh陽性の血液を壊すための「抗体」と呼ばれるものを作りだします。この女性が、再度Rh陽性の子どもを妊娠すると(第2子)、Rhの型が合わない(Rh不適合)ために、先ほどの抗体が子どもの赤血球を壊し、重症な貧血や黄疸(おうだん)の原因となります。

 第2子以降の貧血や黄疸を予防するために、Rh陰性の女性がRh陽性の子どもを出産した際に、高力価Rh(D)γ(ガンマ)−グロブリン筋注を母親に対して行う必要があります。

かかりつけ医をもとう!

通いやすい場所と診療科目から自分に合った医療機関を探してみましょう。

iタウンページで小児科などを探す

×
検索履歴(場所):

情報提供元 : (C)株式会社 法研執筆者一覧
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

つながるタウンページ会員


ここからフッター情報です

iタウンページ&タウンページコンテンツ
iタウンページコンテンツ

ページはここまでです

ページの先頭へ戻ります