ページ内を移動するためのリンクです

頭血腫 病気事典[家庭の医学] - メディカルiタウン


ここから本文です

病気事典[家庭の医学]

とうけっしゅ

頭血腫

頭血腫について解説します。

執筆者:

赤ちゃんが産道を通過する際に受ける圧迫によって頭蓋骨をおおっている骨膜の一部がはがれ、そこに血液がたまってこぶ状に隆起したものです。側頭部にできることが多いのですが、前頭部や後頭部にできることもあります。通常はひとつですが、2つできることもあります。

出生当日よりも2~3日してから目立ってきます。触れると内部に液体がたまっている感じ(波動性)があり、押してもくぼみができません。通常、出血量は少なく、全身状態に影響を与えるものではありませんが、新生児期の黄疸(おうだん)が強くなったり、長引いたりすることがあるので注意が必要です。まれに頭蓋骨にひびが入る線状(せんじょう)骨折(亀裂状の骨折)を伴うこともあります。

治療は不要で、2~3カ月で自然に吸収されます。穿刺(せんし)(針で刺す)して血腫を吸引するのは感染の危険も大きく、再出血の危険性もあることから、禁忌(してはいけない)とされています。吸収される途中で、こぶの辺縁に堤防のように硬いものができたり、全体が硬くこぶのようになったりすることがありますが、これは血液が吸収された跡が骨になったもので、数カ月から数年で吸収されてなくなります。

頭血腫の初診に適した診療科目

病院検索の都道府県選択へ遷移します。

かかりつけ医をもとう!

通いやすい場所と診療科目から自分に合った医療機関を探してみましょう。

iタウンページで小児科などを探す

×
検索履歴(場所):

情報提供元 : (C)株式会社 法研執筆者一覧
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

つながるタウンページ会員


ここからフッター情報です

iタウンページ&タウンページコンテンツ
iタウンページコンテンツ

ページはここまでです

ページの先頭へ戻ります

×